加藤里保菜さん 燐舞曲 1st Single『prayer[s]』リリースインタビュー

スマートフォン向けリズムゲーム「D4DJ Groovy Mix」より、独創的な世界観と耽美な演出で観客を魅了する大学生ユニット、燐舞曲(ロンド)の1st Singleprayer[s]』が1118日(水)にリリースされた。
作中でも燐舞曲にとって大きな意味を持つ本楽曲について、青柳 椿役、加藤里保菜さんにインタビューを行った。

 

 

―燐舞曲の1st Singleprayer[s]』発売おめでとうございます。
まずは加藤さん自身と椿について簡単にご紹介いただけますでしょうか。

燐舞曲・青柳 椿役の加藤里保菜です。
椿は燐舞曲のメインボーカルで、イラストだと性格的には強い印象を抱く方が多いと思うんですけれど、実際には極度の寂しがり屋だったり、可愛らしいところも持ち合わせています。
D4DJ Groovy Mix」も始まったので、ストーリーをご覧いただけたら椿の柔らかい部分や、可愛らしい部分が伝わるんじゃないかなって思います。
それと、私自身も寂しがり屋なところがあるので、そこは椿と似ているんじゃないかなって感じています。

 

―確かにビジュアルイメージで強くてカッコいい子だと思っていたので、ゲームで意外な面が見れてビックリしました。

そうですよね。本番前に緊張してしまったりする、繊細な部分もある子なんです。

 

―表題曲『prayer[s]』はどのような曲でしょうか。

prayer[s]』は燐舞曲のメンバーが決めた覚悟の強さが表れている曲だと思います。
燐舞曲ってファルセットを使うような音程の高い楽曲が多いのですが、この曲は他のどの曲よりも高低差が激しい曲なので、レコーディングのときに苦労したのが印象に残っています。「祈りを」っていう歌詞の部分など、今まででいちばん低音ボイスが響いていると思います。
また、ウィスパーボイスやシャウトなど、他のメンバーの見せどころもしっかりあって、メンバーそれぞれの個性や色が詰まった曲にもなっています。
D4DJ First Mix(グルミク)』のゲームストーリーを読んでいると、本曲は燐舞曲結成のきっかけとなるとても大切な曲として登場します。ストーリーを読み進めたうえで聴くと印象が変わる、2度楽しめる曲なんじゃないかなって思います。

 

―そのストーリーは収録の際には聞いていたんですか?

はい、聞いていました。
そのストーリーを踏まえた上で、元の曲である『prayer』のデモ音源を先に聴かせていただき、次に『prayer[s]』を聴きました。時系列に沿って燐舞曲感が更に増した曲になっていて、すごくテンションが上がりました。

 

―『prayer』の方が先の収録だったんですね。

そうですね。『prayer』を歌ったときと『prayer[s]』を歌ったときとでは椿の気持ちは違うので、燐舞曲が決めた覚悟をしっかり歌に込められるようにイメージをしながら歌いました。

 

―中でも特に難しかった点や聴いてほしい点はありますか。

元の『prayer』にない歌詞が『prayer[s]』には増えていて、それが燐舞曲にとって大切な部分なのでその歌詞を聴いてほしいです。あとさっきも言ったように低音と高音の高低差が大きいので、レコーディングで苦労したその部分がどんな風に曲の中で表れているのかを聴いていただけたら嬉しいです。

 

―カップリングの『ニルヴァナ』はどのような曲でしょうか。

『ニルヴァナ』はメッセージ性がすごく強い曲になっています。
絶望の中でもがいているけれど、それは未来へつなぐためであって、最終的には悩みながらも未来へ進む曲になっているんじゃないかと思います。
初めてNIGHTMAREの咲人さんにディレクションしていただいたのですが、レコーディングの前に私が『ニルヴァナ』を聴いて想像したイメージと咲人さんのイメージをすり合わせる話し合いの時間をしっかり持てたので、よりレコーディングに力が入りました。
また、部分的に低い曲は今までもあったのですが、『ニルヴァナ』はAメロ全体が低くて、椿だったらどんな風に表現するのかなというのに苦しみました。

 

―椿の歌声が加藤さんの音域かと思っていましたが、加藤さん自身の音域はもう少し高いんですね。低音は毎回苦労されたりするのでしょうか。

そうですね。私の歌い方には、吐息とかブレスの使い方に特徴的なクセがあります。最初に燐舞曲のスタッフさん達と、椿の弱さや、弱さの中にある強さ、繊細さをどういう風に出そうって話し合ったときに、それのクセを活かして椿としてエモーショナルな表現していこうとなりました。
低音でも吐息を交えながら椿らしく表現するのはどうしたらいいんだろうって、慣れてないのもあって毎回悩んでいますね。

 

―加藤さんの歌声には歌っているのと同時に感情を叫んでいるような印象を感じていて、それが魅力だと思っていたんですがそういった理由があったんですね。

ありがとうございます。とっても嬉しいです。

 

Blu-ray付生産限定盤には「MixChannel Presents D4DJ CONNECT LIVE」の映像が収録されていますが、ライブの感想をお聞かせいただけますでしょうか。

オンラインライブだったので、どんな空気感になるのか、実際どんなライブになるのか、最初は想像がつきませんでした。スイッチング映像でご覧いただけるので、ライブ会場だと遠くてあまり見えないかもしれない表情や、動きのひとつひとつ、メンバーとのアイコンタクトなど細かい部分まで、いつもより意識しました。
燐舞曲のライブパフォーマンスでは「静と動」をすごく大事にしています。ボーカルの椿とVJ&コーラスの矢野緋彩ちゃんは「静」、ギターの月見山 渚ちゃんとDJの三宅葵依ちゃんは「動」なんですけれど、一つの画面に納まったときにどうすれば綺麗に皆さんにご覧いただけるのかはリハーサルで結構念入りにみんなと打ち合わせしました。
アイコンタクトも、「この曲は緋彩も歌っていて、彼女にとってこういう曲だからここでアイコンタクトをする」とか、「この曲は渚と一緒に届ける曲だから、渚と椿の関係性を考えてこれぐらいのアイコンタクトにしよう」とか、曲によっての表現をメンバーそれぞれと話し合いました。
そうやってお届けしたライブなので、それが皆さんにうまく伝わっていたらいいなって思いますね。

 

prayer[s]も初披露でしたがいかがでしたか?

反応がリアルタイムでは分からないので、どう伝わっているのかっていう不安はありました。
でも、今までの燐舞曲とまた違う強さが椿の声のトーンから伝わるんじゃないかなって思っていたので、どう受け取られるかというワクワクと、会場でご覧いただけない分しっかりと音で伝えなきゃいけないという使命感はすごくありましたね。

 

―初披露の曲のお客さんの反応が見られないって怖いですよね。

はい、ライブってホント一瞬なので、みんなの目にどう写って印象に残っているんだろうっていうのはとても気になりますね。

 

Blu-ray試聴動画】燐舞曲 1st Singleprayer[s]LIVE映像

 

―先日の「グルミク Presents D4DJ D4 FES. LOVE!HUG!GROOVY!!~」でお客様の前では初披露でしたが、そこでの反応は期待通りでしたか。

はい!『prayer[s]』を最初に配信でお届けしたときの皆さんの反応がすごく好評で、Twitterのリプライとかでも嬉しい反応がいただけていたので安心感はあったんですが、サイリウムの動きなどで「あ、今こんな風に皆さんが受け取ってくれているんだな」っていうのが分かって、直に肌で感じることができて嬉しかったです。

 

―『ニルヴァナ』の方はまだライブでは披露してないですよね?

ないですね。「D4DJ Sound Only Live」で聴けたから、次のライブでは聴けるだろうって予想されていたかと思うんですが、『ニルヴァナ』をやらなかったのは計算のひとつでもあります。きっと、皆さんいつやるのかすごく気になっていると思うんですよ。
ゲームで配信されたときも喜んでくださっていて、皆さん本当に聴きたいんじゃないかなっていう風に私も思っているので、フルで披露する時の反応も楽しみですね。

 

―聴くとやっぱりライブで見たいってなるんでしょうね。

そうですね。いつかライブで披露するために、まだお届けできてない曲も頑張って仕上げていかないとなと思っています。

 

―燐舞曲は『BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2021』の出演が決まってますので、そこで聴ける曲もありそうですね。

そうですね。セットリストは決まっていませんが、先輩方と一緒に立たせていただくステージなので、今から覚悟を決めて、各々が今できるベストを尽くそうっていう話をしています。

 

D4DJプロジェクトは今後も展開していきますが、加藤さんがプロジェクトに期待している点や、見てほしい点はありますか。

グルミクは、私と同世代の皆さんが大好きな最近の曲だけじゃなく、子供の頃に聴いていたような懐かしの曲も入っている、本当に老若男女が楽しめるゲームだと思っています。私の両親も「リズムゲーム」っていうものにいままで親しみがなかったんですけれど、いますごくやってくれているんです。広い世代の曲が入っているので薦めやすくて、どんな方にも楽しんでいただけてると思います。私達燐舞曲は中森明菜さんの『DESIRE -情熱-』をカバーさせていただいてるんですが、もっと上の世代の懐メロもアリだったりするんじゃないかなって思っています()
あと、6ユニットで全24キャラクターもいるので、きっと好きな子が見つかって、どんな方でもハマって貰えるんじゃないかと思っています。
ホントにどんな方でも楽しめるし、まだまだ曲はたくさん増えていきます。そういうところに期待しているというか、私自身も今後どんなカバー曲を歌わせていただけのか、すごく楽しみですね。

 

―最後に読んでくださっている方にひとことお願いします。

燐舞曲のメインボーカル、青柳 椿役の加藤里保菜です。
prayer[s]』いよいよ発売です。今まではD4DJのみんなと一緒にアルバムなどのかたちでやらせていただいたので、安心感やみんなで頑張るという一体感もありましたが、今回は燐舞曲単体で初めてのCDとなります。自分にとってメインキャラクターの一人として出すCDが初めてなので、懸ける思いも強い作品になっています。楽曲制作から本当にたくさんの方が関わっていて、多くの方々の思いも詰まった曲になっていると思います。
ストーリーを楽しむことでより楽しめる曲だし、燐舞曲のいろんな部分に繋がる曲になっているので、たくさん聴いていただけたらいいなと思います。

 

―ありがとうございました。

 

燐舞曲 1st Singleprayer[s]

CD詳細:https://d4dj-pj.com/discography/post-6

ブシロードEC SHOP:https://bushiroad-ecshop.com/item/view/BRMM-10300

配信URL:https://lnk.to/rond_prayerspp

 

【試聴動画】燐舞曲 1st Singleprayer[s]」(2020.11.18発売!!