中島ヨシキさん 風神RIZING!デジタルシングル『上京上等行ってきまーす☆』リリースインタビュー

ARGONAVIS from BanG Dream!」に登場する長崎の元気印スカバンド・風神RIZING!初のデジタルシングル『上京上等行ってきまーす☆』が1026日(月)に配信リリースされた。
上京するフウライメンバーの気持ちを歌にした一曲、今回はVo.& Sax.神ノ島風太役、中島ヨシキさんにこの曲と風神RIZINGの魅力について語ってもらった。

 

 

―デジタルシングル『上京上等行ってきまーす☆』リリースおめでとうございます。
まずは中島さんの自己紹介をお願いします。

風神RIZING!ボーカル&サックス担当、神ノ島風太役の中島ヨシキです。よろしくお願いします。

 

―中島さんの演じる神ノ島風太はどんなキャラクターでしょうか。
中島さんと似ている点や共感できる点があれば教えてください。

明るくいつも笑顔の風太とは真逆の人間だと思います…。
楽しいを共有したい! という気持ちは風太たち風神RIZING!のみんなと共通してるかな。俺たちも楽しむけん、みんなも楽しまんばよ! の精神は大切にしたいですね。

 

――風神RIZING!はメンバーの仲がよく元気なスカバンドですが、中島さんから見たバンドの魅力や、注目してほしいポイントを教えてください。

聞いた誰もを笑顔にさせる、とてもパワーのあるバンドだと思います。その名の通り、嵐に巻き込むような、いつの間にか好きになっている、みたいな魅力があります。
コール&レスポンスのある曲が極端に多いバンドなので、ライブでは一つになった感覚を味わえると思います。

 

―今回リリースされた「上京上等行ってきまーす☆」はフウライらしい元気な上京ソングですが、歌ってみた感想や聞きどころを教えてください。

上京をテーマにしている楽曲ということで、地元長崎への愛をたっぷり歌っている曲です。例に漏れず、たくさんコールしていただける部分がある楽しい曲になっています。
曲の中でコロコロと風太の表情が変わっているのが伝わったらいいなと思います。

 

—中島さんは横浜出身ということで、上京という経験はないのではと思いますが、歌う際にイメージしたことなどありますか?

上京の経験はありませんが、育ててくれた地元への愛はどこにいても共通のはず。ぼくも地元は飛び出しているので、故郷を思いながら歌いました。

 

2曲目では、氣志團の『One Night Carnival』をカバーしています。カバーということで、意識した点や難しかった点があれば教えてください。

レコーディング自体、プロジェクトのだいぶ初期に行ったので、風太で台詞を含んだ曲を歌うのは挑戦的でした。世代直撃の楽曲なので、カバーできたのは嬉しかったです。

 

―いずれも風神RIZING!の神ノ島風太として歌うにあたり、どのようなことを心掛けていますか。

技術的にはまだまだ未熟でも、とにかく楽しいが全面に出たらいいなと思っています。
その中に、ライブ経験の豊富なバンドマンとしての手練れな部分も見せたいと思っています。

 

―ボイスドラマ「フウライ上京物語」ではライブ・ロワイヤル・フェスのために上京する前のエピソードが描かれています。このエピソードを演じてみた感想をお聞かせください。

上京には、ただただワクワクした期待だけじゃないんだな、というのをなるほどと思いながら演じました。地元を離れる漠然とした不安を、新鮮に感じました。皆さんの感想も楽しみです。

 

2021年初春予定の「アルゴナビス from BanG Dream! AAside」配信に向けて、風神RIZING!の出番も増えてくると思います。今後の展開に向けての意気込みをお聞かせください。

ようやく少しずつ風神RIZING!の魅力ももっともっと前に出てきたのかなと思います。
楽曲はもちろん、キャラクターたちもとても豊かで魅力的なので、ぜひ今後も注目していただければ嬉しいです!

 

――ありがとうございました。

 

風神RIZING!デジタルシングル『上京上等行ってきまーす☆』

配信サイト:https://lnk.to/fu_zyoukyoupp